アイフルの在籍確認の電話は避けることができない?唯一の方法

消費者金融のアイフルでキャッシングを利用するにあたって、必ず行われるものといえるのが審査です。

 

そして、消費者金融業者の審査で必ず確認されるものとなっているのが在籍確認です。

 

アイフルは誰もが手軽に利用することができる消費者金融業者ではありますが、返済能力を判断したうえで問題ない場合にのみ融資が行われます。

 

もうひとつアイフルでお金を借りる場合に忘れてはならないのが毎月安定した収入を得ていること、というものです。

 

安定した収入を得ているかどうかを調べるために審査で必須の確認項目となっているのが先ほど出てきた在籍確認です。

 

これは、勤務先にアイフルの担当者が直接連絡を行うというもので、もちろん申し込んだ本人がその場にいなくても確認ができればそれで構いません。

 

特にアイフルの契約ルームから融資を申し込んでいる場合などは、契約ルームの中で手続きをしている状態なので本人が勤務先にいないことを前提として在籍確認を行います。

 

ただし、注意したいのがアイフルの在籍確認というものがパートやアルバイトで働いている人はもちろんのこと、派遣社員といった特殊な勤務形態で働いている人であっても行われるという点にあります。

 

アイフルでは機械的な仮審査と人間の目視による本審査とに分かれており、在籍確認はアイフルの審査では本審査の段階で行われることになります。

 

もちろん本審査に進んだ全員が在籍確認が行われるというわけではなく、融資ができないと判断された人に対しては在籍確認は行われないため、これが行われるということはアイフルの審査も最終段階に入っていると考えることができます。

 

アイフルとしても申し込んでき人全員に在籍確認をしていたのではコストがかかりますし、ここさえクリアできれば融資が実行できると判断できた場合にのみ在籍確認を行っているといえるでしょう。

 

なお、アイフルの在籍確認ですが個人情報保護の観点から申し込んできた本人のプライバシーには配慮をした方法を採用しており、アイフルという業者名を出すことなく担当者の個人名で在籍確認を行います。

 

基本的にはアイフルの在籍確認では勤務先に直接電話連絡が入ることになりますが、個人名で電話連絡が入ることから、勤務先の同僚たちにアイフルからお金を借りることが伝わる可能性はほとんどないでしょう。

 

毎月安定した収入を得ていることがアイフルに融資を申し込む条件となっていますので、勤務先への在籍確認は避けることはできないと考えておきましょう。