モビットの利用目的は自由

モビットの利用目的は自由

消費者金融のモビットは、誰もが手軽に申し込むことができるという特徴があります。

 

モビットに申し込むためには、毎月安定した収入を得ていること等の条件があるものの、こうした条件を満たしていれば融資を申し込むことそのものは特に大きな問題はありません。こうした点に加えて、モビットで融資を受けた金額について、

 

 

利用目的は基本的に自由という点も・・・


モビットが手軽に利用できる要因のひとつといえます。モビットで借りたお金は何に使っても良い、というのは借入を考える人からすれば大きなメリットといえますので、こうした点もモビットを利用したいという目的につながっているかもしれません。

本当に何に使っても良いのか?

少し乱暴な表現となるかもしれませんが、モビットから融資を受けたお金については利用目的は自由ですので何に使っても問題はありません。ただし、自営業の人が自身の経営する事業の運転資金として利用する、いわゆる

 

 

事業性資金としてはモビットから融資を受けた分を割り当てることはできません。


これは自営業だからモビットから借入が受けられない、という意味ではなく、自営業で収入を得ている人であってもモビットに申し込むことはできますが、その場合の目的はあくまでも個人的な利用目的の範囲で使うようにしましょう。

 

また、この他ギャンブルに利用するための目的としてモビットから借入を受けた分を利用することも不適切な利用目的となっています。こうした利用目的以外であればモビットから借入を受けたお金は何に使っても問題はありません。

利用目的によって審査に通らないことがある?

モビットが融資を行うかどうかを判断するのが審査ですが、そんなモビットの審査基準は、あくまでも

 

 

返済能力に問題がないかという部分です。


つまり、モビットから融資を受けた分の利用目的については審査においてはそれほど重要なものではなく、どんな利用目的であっても問題なく返済ができると判断されれば融資を受けることは可能です。

  • ギャンブル目的
  • 事業性資金

などのようにモビットの審査では利用目的として認められないものもありますので、利用目的としてこうしたものを明記した場合はともかく、それ以外の利用目的であれば特に問題となることはないでしょう。

 

融資を受けた分の利用目的については審査の段階で確認することができず、もともとモビットも利用目的は自由としていることから、利用目的を証明する書類なども必要ありません。