派遣社員でもモビットに申し込める?

派遣社員でも借入できるモビット

雇用形態が多様化している現代、派遣社員という選択肢で働いているという人も少なくありません。派遣社員の場合は雇用形態がやや不安定であることから、カードローンの審査でも評価が分かれるところですが、

 

 

モビットの場合は派遣社員でも融資を申し込むことができます。


最近では派遣社員といえど、その職務内容については正社員として働く人とほとんど変わらず収入の金額についても正社員同様というケースが増えています。

 

そのため、社会的な信用という意味では派遣社員であってもモビットの審査では評価が高くなる場合もあり、審査に通る可能性についても高いと考えることができます。

派遣社員が審査に通らない理由

派遣社員でもモビットに申し込むことができますが、その後融資を受けるためには審査に通る必要があります。ただし、派遣社員がモビットに申し込んだ場合どんなケースでも審査に通るというわけではなく、審査の結果モビットから

 

 

融資を受けることができないという可能性もあります。


派遣社員がモビットの審査に通らない理由として最も多いのが収入が不安定であるという場合です。雇用形態としての派遣社員には様々な働き方があり、中には日雇いや短期の業務もありますが、このような場合はどうしても収入が安定しているとはいえない状況です。

 

モビットの審査では収入がどの程度安定しているのかということを考慮して融資を行うかどうかを判断していますので、

 

 

収入が不安定な場合には・・・


派遣社員にかかわらず審査での評価は低くなります。また、派遣社員の場合は勤務先として派遣元と派遣先のどちらを登録すればよいか判断が分かれるところですので、こうした点についても注意が必要です。

派遣社員だからといって不利というわけではない

モビットの審査では基本的に毎月安定した収入があれば融資を受けられる可能性があります。

 

派遣社員の場合、カードローンの審査でも不利な材料が多いのではないかと思われがちですが、実際には派遣社員だからといって特にモビットの審査でも不利な状況になるというわけではありません。派遣社員であっても

 

 

同じ派遣先企業に長い間勤めているという場合であれば・・・


収入についても安定している場合も多く、派遣社員であってもモビットの審査における評価は高くなります。モビットの審査では収入の安定性だけでなく様々な部分で確認を行いますので、必ずしも派遣社員だけが審査に通り難いという事ではありません。