自営業者はモビットに申し込める?

モビットは自営業でも申し込むことができます

モビットの申し込み条件としては、20歳以上69歳以下であること、そして安定したス.収入がある人が融資を申し込むための条件として設定されています。安定した収入が毎月あるという人であればパートやアルバイトであってもモビットに申し込むことができることはもちろん、

 

 

自営業であっても融資を申し込むことが可能です。


消費者金融をはじめとするカードローンの多くは自営業も融資対象としている場合がほとんどですが、モビットについても自営業で生計を立てている人については問題なく融資を申し込むことができるようになっています。

 

職業はともかく、融資を行った金額が問題なく返済できるかどうかということがモビットの審査でも重視されますので、自営業であるという理由だけでモビットの審査に通らないということはありません。

自営業者がモビットの審査で必要な書類

自営業の人がモビットの審査に申し込む場合であっても必要な書類については基本的に変わりはありません。個人として融資を申し込む場合と同じく運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写しなどを用意する必要がある他、50万円以上の融資を受ける場合については

 

 

収入証明書を提出しなければならないという点も同じです。


この他、営業状況確認書として、事業計画や収支計画などを記入する書類が必要ですが、これについては書類の内容に沿って記入すれば良いだけなので、それほど難しく考える必要はないでしょう。

自営業者のモビットの審査のポイント

自営業として働いている人がモビットに申し込んだ場合、審査のポイントとしてはやはり収入がどの程度安定しているか、という点にあります。この収入の安定性については、自営業者にとってはカードローンの審査におけるひとつのネックとなる部分でもあり、

 

 

どのように証明すれば・・・


どうしても収入が安定した状態かどうかを証明することが難しいためです。もちろん自営業者だからといって必ずしも収入が不安定であるとは限りませんし、安定した収入があることを証明することができればモビットの審査でもそれほど気にする必要はないでしょう。

 

この他にも自営業者はモビットの審査で気をつけるポイントはたくさんあります。

 

たとえば、既にモビット以外の業者を利用して融資を受けている場合についてもモビットの審査で評価が低くなる要因となりますので、融資を申し込む金額についてはあまり高額になりすぎないように最低限の金額で申し込むと良いかもしれません。