モビットは未成年者でも申し込める?

未成年では申し込めないモビット

モビットは安定した収入があれば誰でも申し込むことができると思われがちですが、実は必ずしもそうではありません。モビットには融資を受けるために安定した収入とは別にもうひとつ設定されている条件があり、それが20歳以上という年齢であることです。

 

 

モビットでは20歳以上69歳以下の人が融資を受けるための対象


として条件設定されていますので、その条件から外れる年齢の人に対しては融資は行っていません。つまり、20歳未満の未成年者についてはモビットは融資対象外となっていますので、仮に安定した収入があったとしてもモビットに申し込むことはできません。

 

また、仮に申し込んだとしてもそもそもモビットの融資対象となっていないため審査に通ることも不可能となっています。

なぜ未成年者はモビットに申し込めないのか?

日本の法律では、16歳以上であれば就業することが可能ですので、未成年者であっても安定した収入を得ている人は少なくありません。また、正社員として働いていない学生であってもアルバイトで働いている人も多いことでしょう。

 

そのため、モビットから借入を受けたとしても少ない借入金額であれば返済能力としては問題ない場合もあるかもしれませんが、モビットでは融資を受付けていません。これは、未成年者の契約行為というものは保護者が解除できるという規定があるためで、

 

 

あとから解除できるのかしら・・・


モビットから融資を受けたものの、その後保護者がその契約を解除するといった可能性があることが関係しています。せっかく融資の契約をしてもその後解除されてしまったり、あるいはトラブルの原因となる可能性もあることを考慮して

 

 

モビットでは最初から申し込みができないようになっています。


未成年者がモビットから借りる方法は?

もともとのモビットの融資規定として20歳未満の人は融資不可となっている以上は、何らかの方法を用意してモビットから借入を受けることはできません。その為、もしどうしてもお金を借りる必要があるということであればモビット以外の方法を考えることになります。

 

また、同様に70歳以上の人も安定した収入があったとしてもモビットからはお金を借りることは不可能です。モビットとしても事業として金融業を行っていることから、様々なリスクを回避した業務を展開する必要があります。

 

年齢制限が融資を行うための条件として設定されている背景には、こうしたリスク回避の目的もあるかもしれません。