正社員がモビットに申し込む場合の注意点

モビットで判断される収入の安定性

モビットでは、収入の金額もさることながら、その収入がどの程度安定しているのか、ということも重要となってきます。その意味では、パートやアルバイトとして働いている人の場合も特にモビットを利用するうえで問題はありません。

 

 

正社員のほうがいいいのかなぁ・・・


また、収入の安定性という点だけで考えるとパートやアルバイトとして働いている人に比べるとサラリーマンなどの正社員として働いている人や、公務員のほうがモビットの審査では評価が高くなります。

  • 解雇や倒産
  • 事業転換

など様々な要因で収入を失う可能性があるパートやアルバイトなどと異なり、正社員や公務員の場合は収入の安定性が高いレベルで保障されているからです。モビットとしても返済してもらうことを考えるとこうした層のほうが融資はしやすいといえるでしょう。

正社員がモビットに申し込んだ場合の審査基準

基本的にはモビットは申し込んできた人の職業に応じて審査基準が分かれているというわけではありません。どんな人であっても、融資を申し込んできた金額と、その分に対して返済が無事にできるかどうかを審査で判断します。

 

その上で正社員の場合は収入の安定性や金額が高い事から、モビットから融資を受ける事ができる限度額も高額になりがちです。但し、それはモビットに限ったことではなく、他のカードローン業者から融資を受ける場合も同じ事がいえます。モビットに申込んだ段階で

 

 

既に他社から高額の融資を受けている状態・・・


というケースもありますので、こういった情報についてもモビットは審査の確認対象となります。正社員の場合は他の層に比べて他社からの借入が多い傾向にありますので、あまり多すぎる場合にはやはり審査での評価は低くなります。

正社員がモビットに申し込む場合の注意点

収入の安定性の高さからモビットの審査でも有利な立場ともいえる正社員ではありますが、それだけに自身の周辺の状況というものを見直しておきたいところです。特にモビット以外のカードローンで利用残高がある場合には、少しでも返済しておいて

 

 

モビット以外の借入残高を減らしておくべきです。


勿論、モビット以外のカードローンで既に借入があるにもかかわらずその事実を伏せてモビットに申し込むというのは審査で評価が下がるだけなので避けてください。また、モビットに融資を申し込む金額についても必要最低限の少ない金額で申込むのがコツです。