モビットの返済が遅れそうな場合には?

モビットの返済が遅れそうな時は?

モビットからお金を借りた場合にはその後返済がスタートします。モビットでは毎月決められた日に返済を行うことになりますが、何らかの事情でモビットへの返済が遅れそうな時には、まずはその旨をモビットに連絡する必要があります。

 

 

連絡しなくても大丈夫だろう・・・


これは、モビットから借入を受けた場合、毎月の返済をしなければならないという契約になっているためですが、それ以前に借りたお金の返済ができないという事についてのマナーとして連絡をすることは大切です。返済が遅れそうな事実を把握していながら、モビットに

 

 

何の連絡もしないというのは避けるべきです。


返済が遅れそうな時のモビットへの連絡内容

決められた返済日にモビットへの返済が難しい場合の連絡ですが、基本的には遅れてしまうことに加えて、

 

 

いつまでに返済できるかということも伝えておくべきです。


モビットにとっては、返済日にお金が入らないことはともかくとして、ではいつなら返済できるのか、ということは確認したいポイントとなります。モビットから融資を受けている限りは、その分に対して返済をしなくても良い、ということにはなりませんので、

 

 

3日後に○○円お支払いします。


返済が遅れそうな場合には必ずいつまでにいくら支払うということを

 

 

口頭でも構いません


ので伝えておくべきです。また、その後自身が決めた日にちには必ず支払を進めることも大切です。モビットとの取引で信用を高めるには、遅れずに返済することももちろんですが、遅れそうな場合のフォローもしっかりと行うことも重要なポイントとなります。

モビットで返済が遅れた場合の遅延損害金

モビットへの返済が遅れた場合に発生するのが遅延損害金です。これは、借入残高に対して年率20.0%の利率で計算された金額を含めて次回返済時に支払うというものです。この遅延損害金は本来返済しなければならない日の翌日から発生し、

 

 

返済が本来の状態に戻るまで日割り計算で加算され続ける


というものとなっています。つまり、モビットへの返済の滞納している日数が長くなればなるほどそれだけ多くの遅延損害金を支払わなければならない、ということになります。この遅延損害金についてはモビットとの契約でも定められているものとなっており、

 

 

返済ができなかった場合のペナルティとして支払う必要があるものです


ので、こうしたデメリットがあることを考えると、毎月遅れないように返済を進めることが重要となってきます。