モビットに申し込めない職業ってあるの?

モビットの審査と職業との関係

モビットでは、融資を申し込むにあたって勤務先と雇用形態の登録をする必要があります。これは、モビットが審査を行うにあたって職業をはじめとする様々な情報を確認する必要があるためです。ただし、これはモビットの審査において

  • 雇用形態
  • 職業

がそのまま借入可否を決めるというほどのものではありません。雇用形態については、モビットではパートやアルバイトであっても問題なく融資が可能となっていますので、このことからもどんな雇用形態であっても収入の安定性が重視されていることがわかります。

 

モビットの審査では、雇用形態よりもその収入の継続性・安定性が重要となっているのです。

モビットに申し込めない職業はある?

モビットにとっては、審査で確認したいのは融資を行った相手が無事に返済してもらえるかどうか、という点です。そのため、実際には職業の内容でモビットの審査に影響するということはほとんどありません。

 

 

収入が安定していれば・・・


サラリーマンであっても工場の作業員であってもスーパーの店員であっても、毎月安定した収入があればモビットの審査では

 

 

返済能力があると判断してもらえる可能性も高いです。


つまり、モビットに申し込むことができない職業というものは基本的にはないと考えておいて良いでしょう。モビットにとっては、職業欄の記入は審査基準として考えるよりも

 

 

在籍確認を行ううえで申し込んだ情報との整合性をとる


ことの意味が強いかもしれません。その為、この職業欄については事実と異なる情報で申し込むことのないように注意しましょう。

モビットに申し込むことができない職業

このように、モビットでは職業によって審査結果が左右されるほどの評価をされることはありません。しかし、モビットに申し込むことができない職業というものがないというわけではありません。モビットに申し込むことができない職業は、いわゆる

 

 

暴力団やその関係者など反社会的勢力です。


こうした組織に属する人の場合は、いかに毎月安定した収入を得ている人であってもモビットからはお金を借りることができなくなっています。逆に考えれば、反社会的勢力に属している人でもない限りは、モビットは審査においては

 

 

職業による区別をしていない


ということになります。もちろん職種によってはモビットから融資を受けることができる金額に違いはでてくるかもしれませんが、お金を借りられない、ということにつながるものではありません。