モビットに申し込めるのは何歳まで?

モビットで借りられる年齢

モビットでは融資を申し込むにあたっての条件として年齢制限を設定しています。モビットを利用してお金を借りることができる最低の年齢は20歳〜となっており、このことから未成年者に対しては融資は行っていないということになります。

 

ではモビットに対して融資を申し込むことができる上限の年齢は何歳までかといえば、69歳までとなっています。年齢制限の他にもモビットの場合は融資を申し込むことができる条件というものがあり、それは毎月安定した収入を得ているというものです。

 

もちろん実際にモビットに審査を受けて様々な確認を経たうえで初めて融資を受けることができますので、これだけの条件で融資を受けられるというわけではありません。これらの条件は、あくまでもモビットに融資を申し込むための条件であり、

 

 

これらの条件を満たしていない人はモビットに融資を申し込むことはできません。


お金を借りたあと70歳になったら?

モビットを利用してお金を借りることができる上限の年齢は69歳までなので、

 

 

70歳以上の人は・・・


安定した収入があったとしてもモビットに融資を申し込むことはできません。ただし、モビットからお金を借りた後70歳を迎えたとしても自動的にモビットとの契約が消滅するということもありません。

 

この年齢制限は、あくまでもモビットからお金を借りるために申し込むことができる年齢を定めたものであり、融資を申し込んだ段階で

 

 

69歳であればお金を借りることができます。


その後年齢を重ねて70歳になったとしても、その時に借りた分については返済する義務(=債務)が残ります。70歳になったからといって返済しなくても良くなる、というわけではないのです。

年齢制限と安定収入

現在日本の企業ではほとんどの場合60歳〜65歳が定年となっていますが、定年を迎えたその後も何らかの雇用形態で

 

 

仕事を続けるという人も少なくありません。


モビットが、融資を申し込むことができる条件として上限年齢を69歳までと定めているのもこうした人が多いことを想定してのことです。ただし、モビットが融資を申し込むための条件として定めた安定した収入については年金だけでなく

 

 

何らかの給与収入または不動産収入


である必要があります。つまり、年金を受け取ることができる年齢の人がモビットに申し込んだとしても、年金だけではモビットの審査においては安定した収入とは認められないので注意が必要です。