モビットを解約する場合

モビットを解約する場合

モビットとの契約というものは、融資を受けた分を全額完済したからといって終了するわけではありません。たとえばモビットから融資を受けている分を全額返済したとしても、解約の手続きをしなければモビットとの契約というものは継続します。そのため、

 

 

完済した後もモビットからお金を借りることができる状態が続く


ということになりますが、今後モビットを利用する予定がないのであれば、解約しておくことも選択肢のひとつです。モビットの契約を解約する場合は、解約したい意思表示をモビットに連絡をするだけで手続きができます。もしも

 

 

モビットからカードの発行を受けている場合は・・・


特にカードを返す必要はありませんが解約をするとそのカードは使用不可能となりますので、注意が必要です。

モビットを解約する場合の注意点

モビットを解約するためには、まず借入を受けている分について全額返済していることが条件となります。まだ借入残高があるという状態でモビットに解約の手続きを申し込むことはできませんので、

 

 

モビットへの返済が完了しているかどうかを確認


してから申し込むようにしましょう。また、モビットを解約した後は当然ながらモビットから新たな借入を受ける事はできなくなります。その為、解約した後で再びモビットを利用しなければならない必要がでてきた場合には再度モビットと契約し直す事になります。

 

さらに、モビットを解約したとしても個人信用情報機関にはモビットからお金を借りていたという情報は残ります。

モビットを解約しない場合どうなる?

モビットへの返済が完了しても、解約の手続きを実行しない場合にはモビットとの契約状態はそのまま続きます。そのため、新たな借入を申し込むとモビットから再びお金を借りることはできるようになります。

 

モビットとの契約が続いているということなので、モビット以外のカードローンを利用して融資を受ける場合には、完済していても既存の借入が1件あるとカウントされてしまいます。

 

これはカードローンだけでなく、住宅ローンなど各種ローンを申し込む場合であっても同じであり、審査に少なからず影響がでてくる可能性はあります。いずれにしてもモビットを解約しないことについての影響は今後の使い方に関係してくることになります。

 

 

完済した後もモビットからお金を借りる可能性がある


ということであれば、このままモビットとの契約を継続していてもよいかもしれません。