フリーランスで働く人はモビットに申し込める?

フリーランスでもモビットは利用できる?

最近ではインターネット技術の進歩と普及に伴い、様々な働き方ができるようになっています。また、これまでになかった新たなライフスタイルや仕事というものも登場しており、自宅など好きな場所で仕事を行う人も増えています。そんな働き方のひとつとして、

 

 

会社組織に所属せず自身のもつ技術で食べていくフリーランス


というスタイルで働いている人もいます。では、こうしたフリーランスとして働いている人についてはモビットで融資を申し込むことはできるのでしょうか。この点については、

  • 20歳以上であること
  • 毎月安定した収入を得ていること

といった条件を満たしていればモビットに申し込む事は可能です。但し、その後モビットの審査に通るかどうかはまた違う話です。

フリーランスは審査に通りにくい

モビットの審査基準としては、フリーランスは自営業などの個人事業主として判断されます。そのため、いわゆる勤務先というものがないという扱いとなることから、収入の安定性を判断することが難しくなると考えることができます。しかも、

 

 

フリーランスで働く人の場合は収入が不安定である場合が一般的です。


月によっては収入が多い時もあれば逆に少ない時もあるものですが、実はこの点はモビットにとっては収入が安定していると判断してもらえない要因となってしまいます。収入が不安定であるという事は、

 

 

その後の返済についても少なからず影響を及ぼす事になりかねません


ので、モビットの審査では評価が低くなるためです。従って、フリーランスの人がモビットで融資を受けるためには収入が安定していることを証明することがひとつのポイントとなってきます。

モビットの審査に通るためには?

モビットに融資を申し込んだものの、審査に通らなかったというケースはフリーランスでなくともありえる話です。収入がどうしても一定ではない場合が多いフリーランスの人は、まずはどの程度の期間営業しているか、ということを考えましょう。

 

これはモビットの審査基準のひとつである勤務先での勤続期間にも通じる考え方ですが、少なくとも開業して1年以上は事業を継続していることが大切です。逆にいえば、それ未満の場合はモビットの審査では

 

 

収入が安定していると判断してもらえない可能性が高い


といえます。順調に収益をのばしていても、それをモビットがどう判断するのかはまた違う話ですので、いかにこうした点をアピールできるか、が重要となるのではないでしょうか。