モビットへの返済を早く終わらせる方法

モビットの毎月の返済額

モビットからお金を借りた後の返済は、基本的には毎月決まった日(返済日)に決められた金額(約定返済額)を支払うという仕組みとなっています。この時に支払う約定返済額についてはその時点での借入残高によって変わるシステムです。

 

たとえば10万円の残高の場合で毎月4,000円〜、20万円の場合で8,000円〜といった具合に借入残高は10万円ごとに返済額が変動します。残高が減ってくるとそれに応じて毎月返済する金額も少なくなっていきますが、逆にいえば

 

 

借入残高が減らなければなかなか毎月の返済も楽にならない


ということでもあります。ここでは、そんなモビットの返済についてどうすれば早く完了させることができるか、を考えてみましょう。

毎月の返済額はあくまでも最低金額

モビットで決められている約定返済額というのは、あくまでもその月に支払うべき最低金額という意味です。そのため、その金額よりも多く支払っても特に問題はありません。実はこの毎月の返済金額を多めに支払うという方法には様々なメリットがあります。

 

中でも最大のメリットといえるのが、少しでも多くの金額を元金充当額に回すことができるという点です。モビットへの毎月の返済額の中には利息分も含まれていますが、この時に

 

 

約定返済額よりも多くの金額を返済する


ことでそれだけ多くの金額を元金への返済に充てることができます。その結果、モビットへの返済もそれだけ早く終わらせることができるようになります。

モビットへの返済を早く終わらせるには?

モビットから借りた分の返済を早く終わらせるための方法としては、返済の時に少しでも良いので多めに支払うという方法です。毎月決まった日の返済の時に多めに支払うという方法もありますが、毎月の返済日以外に

 

 

ATMを利用して都度返済をするといった方法もあります。


このように、少しでも多くの金額をモビットに返済するという方法をとることでモビットの完済も早くなります。また、それとともに気をつけたいのが残高の推移です。モビットでは返済を行うとその分また再度借入を受けることができるようになります。

 

そのため、せっかくたくさん返済を行ってもその後再び借入を受けたりすると借入残高に変化はありません。モビットから借入を受けた分について少しでも早く完済したいということであれば、こうした借入残高の推移についても十分注意しておきたいところです。