引っ越したばかりですがモビットに申し込めますか?

引っ越したばかりという状態とモビットの審査

モビットの審査では、本人確認書類として身分証明書が必要となります。この身分証明書では住所や氏名といった基本的な個人情報を確認できることが要件となりますので、それが確認できなければ本人確認書類とは判断されません。

 

モビットに申し込みたいと考える人の中には、引っ越した直後という人もいるかもしれませんが、こうした人の場合は少し注意が必要です。というのは、引っ越し先の住所がまだ本人確認書類に反映されていない可能性があるためです。この場合は、

 

 

現住所と身分証明書に記載されている住所とが異なっているという状態


ですので、モビットの審査でも信用度という意味ではかなり評価が低くなります。極端な例ではありますが、住所を偽ってモビットから借入を受けようとしている、つまりは詐欺行為の可能性もあるためです。

 

そのため、引っ越したばかりという状態であればまずは身分証明書の住所変更も行っておくことが大切です。

引っ越しが多い場合の審査基準

モビットの審査では、引っ越しをしているかどうかということよりも収入が安定しているかどうかということが重要となります。毎月、一定の金額以上の収入があるという状態であればモビットの審査でも特に大きな問題があるとは判断されないでしょう。

 

とはいえ、それでも引っ越しが何度もあるという人の場合はその限りではありません。引っ越しというものはそれなりに費用がかかるものであり、それを繰り返すということは出費もその分多くなるということです。また、違った言い方をすれば

 

 

住所を転々としている


ということですので、モビットの審査でも慎重な判断をすることになります。そのため、引っ越しにともなう転居が多いという人についてはモビットの審査では評価が低くなると考えておいた方が良いでしょう。

引っ越ししたばかりでもモビットに申し込める?

引っ越したばかり、という理由だけでモビットの審査に通らない、ということはありません。しかし、現住所と身分証明書に記載された住所とが異なる場合にはたとえば公共料金の領収証などのように現住所を確認することができる書類を用意する必要があります。

 

ただし、この場合は提出しなければならない書類が増えることから

 

 

モビットのWEB完結では少し手続きが難しくなるかもしれません。


こうした事情を考えると、身分証明書の住所記載を正常化してからモビットに申し込んだ方がスムーズであるといえるでしょう。