パートやアルバイトでモビットを利用する際の注意点

モビットの利用条件は20歳から69歳までの安定した定期収入のある方となっており、加えてパートやアルバイト、自営業者であっても利用可能であるとされています。但しこれを額面通りに受け取るのは少し危険です。

 

キャッシングやカードローンの利用審査を受ける際には必ず、個人信用情報機関を通じて信用情報のチェックがなされます。これは過去現在のその人の返済能力を数値化したり属性付けしたもので、

 

 

当然ながら収入が高く安定した職業に就いているほど評価は良好になります。


過去に返済遅延などの事故情報を残していなければマイナス評価をされることはありませんが、評価基準のないゼロの状態でも審査に有利になることはありません。パートやアルバイトであるとたとえ一定の収入を安定的に得ていたとしても

 

 

パートやアルバイトの場合は評価が低いのかなぁ・・・


職業属性でプラス評価が付きませんから、不利ではないが有利でもない不確定な状態に置かれていると認識した方がいいでしょう。つまり無事にモビットの審査に通過するには他にも何かプラス評価に繋がる要素を提示する必要があります。

パートやアルバイトの属性にプラス材料を加える

そこで一つポイントとなるのが勤続期間です。本来、勤続期間が重要になるのは住宅ローンなど返済が長期間に渡る大型の貸し付けでありキャッシングやカードローンといった限度額が低めに設定され短期での完済を前提としたサービスの審査ではあまり気にするほどのものではありません。しかしパートやアルバイトの場合、

 

 

同じ仕事を連続で続けていること自体が収入の安定性評価に直結するので意外と無視できない項目となります。


たとえ同じ期間、同じ金額を収入として得ていたとしてもアルバイト先を次々変えている人と同じ職場に留まり続けている人では信用に差が生まれるわけです。但し、具体的に何ヶ月以上の勤続期間があれば審査に有利であるといった正確な情報があるわけではないので、

 

 

長ければ長いほどプラス評価に繋がるかしら・・・


あくまで意識する程度にしておきましょう。最後にモビットにはWEB完結というネット上の申し込みだけで借入を開始できるサービスが存在していますがその利用には社会保険証か組合保険証の写しを提出するという条件があり、国民保険証しかない人は利用できません。