モビットを利用するうえでのデメリットについて考える

モビットにはデメリットはあるのか?

 

インターネットだけで申し込みから契約まで手続きを進めることができるWEB完結


をはじめ、モビットには様々な特徴とメリットが用意されています。

 

また、モビットは大手都市銀行である三井住友銀行グループの消費者金融業者であることから、安心して利用することができるカードローンのひとつといわれており、この点についても大きなメリットであるといえるかもしれません。

 

そのため、実際にモビットを利用してお金を借りたいと考える人も多く、

  • 申し込みの手軽さ
  • 利便性の高さ

から消費者金融業者の中でも特に優れた人気をもっているといえるでしょう。ではそんなモビットですが、利用するにあたってデメリットはあるのでしょうか。ここではそんなモビットのデメリットについて考えてみましょう。

専用ATMがない

消費者金融と聞いて多くの人がイメージとして思い浮かべるのが自動契約機ではないかと思われます。インターネットの普及に伴い、融資の申込についてはホームページから行うといったケースも増えてきましたが、自動契約機についても根強い人気があるのが現状です。

 

 

この自動契約機の特徴は・・・


カードをその場で発行してもらうことができること、そして発行されたカードはすぐに併設されている専用ATMで利用することができるという点にあります。そして、専用ATMは手数料無料で利用することができる場合がほとんどなのですがモビットの場合は

 

 

融資を申込む事ができるローン申込機はあるものの専用ATMの用意がありません。


その為、返済や借入といった取引には提携ATMや銀行振込を利用する事になり、取引の方法により手数料が発生するケースもあります。

無利息期間がない

モビットのもうひとつのデメリットは、消費者金融業界で多くの業者が採用している

 

 

無利息期間がないという点です。


無利息期間とは、契約後一定期間は利息が発生しないというものであり、この期間内に返済をすれば利息を払わずに借りた分をそのまま返済すれば良いという仕組みのものです。ただし、この無利息期間については

 

 

借入を受けてすぐに返済できる場合であればともかく・・・


時間をかけて返済することになるのであればそれほど大きなメリットであるとはいえません。モビットの場合も基本的には毎月少しずつ返済をしていく事を考えると、無利息期間がないという事については必ずしも大きなデメリットとはいえないという考え方もできます。