モビットの最長返済期間は何年?

モビットの返済期間

モビットでは、借入を受けた金額に応じて毎月少しずつ返済をしていくという仕組みです。返済した金額については

 

 

モビットから借入を受けた限度額の範囲内であれば繰り返し利用する事ができます。


再利用をしなければそれだけ返済も早く終わらせることができますが、繰り返し利用することによってそれだけ返済期間も長くなっていきますので、少しでも早く返済を終わらせたいということであれば、再利用についても慎重に考えたいところです。

モビットの最長返済期間は?

モビットでは、最長返済期間として8年10ヶ月という期間を設けています。消費者金融であるモビットは、融資を行うにあたって

 

 

総量規制の影響を受けますので・・・


実際に借りることができる限度額についても年収の3分の1までが上限となっています。モビットでは最高で800万円まで借入を受けることができますが実際にそこまで高額の融資を受けられるという人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

また、順調に返済を続けていればそこまで長い期間をかけてモビットに支払を続けるということもないといえるでしょう。それでもモビットが最長返済期間というものを設定しているのは、ひとつは契約更新という意味も含まれています。基本的には

 

 

モビットを解約する為には現在融資を受けている分に対して完済する必要があります


ので完済しない状態のままではモビットの契約を終了することはできません。返済をした後新たに借入を受けるといった状態を繰り返しているといつまで経っても返済が終わらないことになりますので、

 

 

定期的にモビットでは与信判断を行い、現在の利用者に問題がないかを確認


しています。最長返済期間はその判断をするための目安の期間といえるでしょう。

最長返済期間をすぎるとどうなる?

最長返済期間をすぎてもその瞬間にモビットからの借入が消えてなくなるというわけではありません。そのため、その期間をすぎたとしても返済が完了していなければそのまま返さなくても良い、というわけではなく返済はそのまま継続する必要があります。

 

ただし、新たにモビットから借入を受けることができなくなる可能性があります。モビットにとっては

 

 

長い間利息を支払ってくれるという意味では良い顧客ではありますが・・・


それでも7年かけて全く返済が終わる見込みもないという相手についてはやはり慎重な判断をする事になります。利用者にとっても

 

 

長い期間をかけて返済を続けるということはデメリットが大きくなります


ので、やはり早めに返済を終えた方が良いでしょう。