会社員がモビットを利用する際のポイント

会社員であれば通常、モビットの審査に落ちることはほとんどありません。モビットの利用条件は安定した定期収入を持っていることですが、これはまさしく会社員を基本とした考え方です。

  • パートやアルバイト
  • 派遣社員や自営業者

などの場合は申し込みの段階から提出する書類が増えるなどの手間がかかることがありますが会社員であればその心配もありません。何故会社員がモビットの審査において優遇されているのかというと、それは単純に定期収入があるからだけでなく

 

 

社会的な立場が明確であり会社員であること自体が信用属性において有利に働いているからです。


キャッシングやカードローンの審査においてもっとも重視されるのは個人信用情報機関に集められる信用情報ですが、会社員という属性はそれだけで一定の返済能力を有していると判断されます。但し、この信用情報は過去のデータによって変動することもあります。

会社員がモビットの申込みで気をつけなければならない点とは?

例えば、既に他の会社から借入を行っている場合は審査に悪影響を及ぼします。モビットの借入は総量規制の対象ですから、複数社からの借入も合算して限度額は年収の三分の一までというルールも守られなければなりません。

 

 

年収の三分の一を超える既存の借入がある場合はモビットの利用はできないのかぁ・・・


しかし総量規制には例外や除外の項目もあり、住宅ローンやオートローンといったものは総量規制の対象外となります。信用情報においても会社員であれば住宅ローンを組んでいるというだけの理由でモビットの審査に落ちることはまずありません。

 

 

住宅ローンの有無はモビットの審査にそれほど影響しません!


むしろローン返済を定期継続できているのであれば返済能力の評価は上がります。あくまで悪影響となるのは返済遅延のような事故情報が残ってしまった場合ですので、借入だけでなく公共料金の支払い遅延などにも気を付けましょう。

 

 

会社員はモビットのWEB完結での申込み可能かなぁ・・・


またモビットはWEB完結という申し込みから借入、返済までをネット上だけで行える便利なサービスを行っていますが、この利用にも会社員は向いています。というのもWEB完結の申し込みには社会保険証か組合保険証の写しを提出するという条件があるからです。