モビットが重視する収入の安定性

モビットで融資を申し込む条件

モビットに申し込むための条件のひとつに、安定した収入を得ていること、というものがあります。収入の安定性は、その後の返済に大きく関係しますのでモビットの審査でも収入については特に重視しています。

 

モビットの審査で重要となってくるのは収入の金額の大小ではなくどの程度安定しているか、という点です。少なくても収入が安定してればそれだけ審査でも評価は高くなるというわけです。

収入の安定性はどこで判断するのか?

職業の種類

モビットの審査で収入が安定しているかどうかを判断するのが職業です。たとえば正社員や公務員のように安定した職業に就いている人の場合は、それだけ収入も安定していると考えることができます。

 

 

アルバイトでも審査を通過できるかなぁ・・・


モビットでは安定した収入があればパートやアルバイトで働いている人であっても融資を申し込むことができますが、解雇などの可能性などを考えるとやはり正社員や公務員の方が安定した状態といえます。

 

こうした収入の安定性はモビットの利用でも特に重視される部分であることから、収入が不安定な仕事をしている人は申し込む際にも注意が必要です。

勤続期間で考える

収入の安定性を判断するうえでもうひとつ重要なポイントとなるのが

 

 

勤務先での勤続期間です。


勤続期間が長いということはそれだけ勤務先での信用度も高いということになり、結果的に収入の安定性も高いとモビットの審査でも判断してもらうことができます。その反面、

 

 

その勤務先で仕事を始めて日が浅い場合などは・・・


信用度の面でやや安定性に欠けると判断されることになります。これはパートやアルバイトに限らず正社員や公務員として収入を得ている人であっても同様であり、やはり勤続期間はできるだけ長く同じ勤務先で働いていることが望ましいといえるでしょう。

既存の借入の有無で考える

モビットで融資を受けるにあたり、既にモビット以外のカードローン業者を利用して融資を受けている状態で申し込むことは可能です。

 

 

既存の借入額との総額が年収の3分に1以上である場合は融資を行えません。


ただし、その既存の借入の返済については毎月の収入の範囲で進めることになりますので、既存の借入が多くなれば収入から返済する金額も多くなります。そのため、いくら収入が安定した状態であったとしても、それだけ多く返済に回っているという状態では

 

 

モビットの返済も難しくなると判断される可能性があります。


既存の借入があるから申し込むことができないというわけではありませんが、既存の借入に対する返済と毎月の収入とのバランスについては十分考えておきたいところです。