SMBCモビット在籍確認

SMBCモビットで即日融資を利用するために身分証明書は忘れずに

 

SMBCモビットで即日融資を利用するにあたり、忘れてはならないのが身分証明書です。そもそもSMBCモビットはWEB完結に代表されるようにインターネットでの申し込みと契約に特化した消費者金融業者です。

 

最近ではSMBCモビット以外の消費者金融業者でもインターネットを活用した申し込みや契約にも対応しつつありますが、それらの業者に先んじてSMBCモビットが対応するようになったともいえます。インターネットを利用してSMBCモビットに申し込む場合というのは、

 

 

どこにも出かけることなく融資を受けることができるという利点


がある反面、契約に必要となる身分証明書の提出もインターネットを介して行うことになります。これは当然といえば当然のことなのですが、たとえばSMBCモビットのWEB完結のように「郵送物なし」「電話連絡なし」といった特徴をメリットとして紹介されると、ついつい申し込む側も

 

 

「身分証明書なし」で利用できると錯覚してしまいがちです。


もちろん誰でも学生でも手軽に申し込み、契約ができるSMBCモビットといえど身分証明書の確認をなしに融資を行っているというわけではありません。インターネットを利用してSMBCモビットで申し込む場合であっても身分証明書をデータ化して送信する必要があります。

 

問題となるのは、このデータ化の方法であり、たとえばスキャナやデジカメなどでデータ化をすれば良いのですが解像度などの関係から送信したものの読み取りが不十分といったケースも考えられるわけです。

 

また、住所変更などがあった場合運転免許証には裏面に特記事項として記載されることになりますが、表面だけをデータ化して裏面を忘れてしまうといったことも考えられます。当然ながら裏面に記載がありながらその分のデータがないのであれば、身分証明書としては不十分と判断されることになります。

 

申し込み書の住所と身分証明書として提出しているデータとの間で整合性が合わなければ即日融資を行うことはできません。SMBCモビットで即日融資とくに土日に申込みたいのであれば、なおさらSMBCモビットへの提出は慎重に行うべきといえるでしょう。

即日融資に重要なポイント

即日融資までの手順は、

 

 

  • 申込
  • 審査
  • 在籍確認の電話
  • 契約
  • 振込融資or即日カード発行

になります。このそれぞれの要素が早い、若しくは可能な事が即日融資には重要になってきます。このそれぞれの要素をカードローン別に比較して見ましょう。

即日融資の要素比較表
- プロミス SMBCモビット アコム アイフル
申込 WEB申込あり WEB申込あり WEB申込あり WEB申込あり
審査 最短30分 ※最短30分 最短30分 最短30分
在籍確認の電話 電話とは別の方法で確認する相談ができる WEB完結で電話連絡なし 電話必須 電話必須
契約 WEB契約可能 WEB契約可能 WEB契約可能 WEB契約可能
振込融資 平日14:00までにWEB契約完了で可能※1 平日14:50までに振込手続き完了で可能※2 平日14:00までにWEB契約完了で可能※2 平日14:00までにWEB契約完了で可能
即日カード発行 およそ575円
(およそ572円)
およそ480円 およそ454円 およそ493円

※ 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※1 三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座であれば登録する事により24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリサービスあり。
※2 楽天銀行の口座であれば24時間365日最短1分で振込可能なサービスあり。

SMBCモビットの審査で注意すること

SMBCモビットは誰でも手軽に融資を申し込むことができる消費者金融業者ですが、それでも申し込んだ人誰もがお金を借りることができるほど甘いものではありません。

 

当然ながらSMBCモビットでお金を借りるためには審査を受けてその基準に合致しなければ融資を受けることはできません。

 

SMBCモビットの審査といえば最短でその日のうちに結果を受け取ることができるスピーディーなものとして知られていますが、ここでは審査に通過するためのポイントについて確認してみましょう。

SMBCモビットでは年齢条件が合致していなければ申込めない

まず最も基本的なものとして、SMBCモビットでは20歳以上でなければ融資を受けることはできません。

 

SMBCモビットをはじめとする各消費者金融では、融資を受けるための条件として「安定した収入があること」を明言していますので、その条件に合致していればパートやアルバイトで収入を得ている人であっても融資を受けることは可能です。

 

ただしそれは、20歳以上であるというのが大前提となりますので、もしもアルバイトで毎月一定の収入があったとしても高校生には融資は行っていないということです。

他社の借入には注意が必要

 

次に気をつけたいのが既存の借入金額です。


SMBCモビットに申し込む際には、既に他社からの借入がある状態で申し込んだとしてもそれを理由に融資が受けられないということはありません。ただ例外としておまとめローンの審査の場合は総量規制の例外となるのでそうなるとは限りません。

 

しかし、それでも審査には少なからず影響します。特にその借入金額が高額に及んでいる場合にはSMBCモビットで希望通りの金額を借りることができる確率は極めて低くなるといえるでしょう。

 

もちろん返済が順調に進んでおり利用実績についても問題ないと判断されれば融資を受けることそのものは可能ですが、それでも最初は低い金額からのスタートになるかもしれません。

 

そのため、実際に審査を受ける前には自身の状況というものを今一度確認しておくことが大切です。

 

もしも既に高額の借入を他社から受けているのであれば、すぐにSMBCモビットに申し込むのではなく既存の借入を少しでも減らした状態で申し込むようにすると良いでしょう。

page top